イルファーン・カーン」タグアーカイブ

イルファン・カーン(Irrfan Khan) ロスは続く

4月29日にイルファン・カーンが逝去して2週間ほどが過ぎようとしているが、

私のように映画でしか彼を観たことにない者でも、いわゆるイルファン・カーン ロスをずっと感じているのに、近い人たちや、直接仕事をした人たちの悲しみや面影を追う気持ちはそう簡単には消えるものではないと思う。。

Irrfan Khanの長男のBabilが昨日の5/10にもまた生前の父、Irrfanの写真をInstagramに上げていた。

FilmfareにIrrfanとPIKUで共演したディーピカー・パードゥコーンが追悼の意味も込めたInstagramの投稿に関してこのような記事があった。

Video : Deepika Padukone remembers late actor Irrfan Khan

https://www.filmfare.com/news/bollywood/video-deepikapadukone-remembers-late-actor-irrfan-khan-40743.html

・この記事ではPIKUの撮影現場での合間にイルファーン・カーンとテニスを楽しむディーピカー・パードゥコーンの動画や、同じくPIKUに出演のアミターブ・バッチャンが、撮影現場での、ディーピカ―、イルファーンとの待ち時間での3人のショットを想い出としてインスタに挙げている写真が紹介されている。

この投稿をInstagramで見る

please come back!💔 #irrfankhan

Deepika Padukone(@deepikapadukone)がシェアした投稿 –

PIKU のMaking 動画

Yahooニュースのコラムでもイルファン・カーン死をきっかけに、過去の日本での公開作、『めぐり逢わせのお弁当』を再度見て、彼の抑えた演技により、人間関係の情緒が味わえると評価されていた。

【コラム 映画再見】2 静かなコミュニケーションが癒してくれる インド映画『めぐり逢わせのお弁当』

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200510-00000003-ovo-life

こうした記事は削除されることもあるので、念のためまとめを加えておきます。

<記事まとめ>

・インドのみならず、日本ではNHKのドラマ「東京裁判」でのインドのパール判事役、ハリウッドでも『スラムドッグ$ミリオネア』や『アメイジング・スパイダーマン』、『インフェルノ』などに出演して活躍していたイルファーン・カーン、『めぐり逢わせのお弁当』の抑えた演技に着目し、それにより人間関係の情緒が味わえるとしている。

・弁当の配達人と手書きの手紙、というアナログな時間の流れ方が、この映画の中で癒やしの役割を担っているのだろう。

・イルファーン・カーンの追悼と、今の外出自粛で人と実際に直に顔を合わせて会えない孤独で厳しい日々の中、心のワクチンになると思われるこの映画の鑑賞を薦めている。

下記のイルファン・カーンの最後の動画とされるVideoのYoutubeリンクも貼っておく。
Irrfan Khan’s last video before his death | Irfan khan last video | Irfan khan | irfan khan death

これを見ると、本当に亡くなったとはなんだか思えない。とても残念。

イルファーン・カーンロスは、世界中の多くの人達の中でまだまだ続く。

イルファン・カーン主演の中編 ROAD TO LADAKH(2003)@Youtube

イルファン・カーン主演の中編映画ROAD TO LADAKH(2003)を紹介します。

Bollywood4+1 Osakaさんによると
当時映画制作経験のなかった新人監督に、イルファーンが協力、激励しながら作った作品とのことです。

https://www.imdb.com/title/tt1785538/

インドとパキスタンの国境を舞台にしたロードムービー。多国籍チームで撮影

下記で全編観れます。(再生時間 47:47)

Directed by
Ashvin Kumar

Writing Credits (in alphabetical order)
Ashvin Kumar Cast
Deepak Deepak … Army Jawan
Rimpoche Dorje Rimpoche Dorje … Lamaji
Thuptan Gelek Thuptan Gelek … Card Player
Pankaj Gupta Pankaj Gupta … Tea boy
Irrfan Khan Irrfan Khan … Shafiq
Ashvin Kumar Ashvin Kumar … John Chako’s driver

同じく2003年に作られたIrrfan KhanとNawazddin Sidiqqui出演の下記のショートムービー動画もフルで観れるのでおすすめ!私は何度も観ました。

Bypass(2003)

StuteeのFacebookでのイルファン・カーンの追悼トークライブ 2020年5月6日 21:30 JSTより開催されました

StuteeのFacebookで、先月4月29日に他界した俳優イルファン・カーンの追悼トークライブが2020年5月6日 21:30 JSTより開催されました。映画QISSAのチーム中心に監督Anup Singh,Tisca Chopra, Tillotoma Shome, Rasika Dugal, 他Adil Hussain, Radhika Madan(彼女は途中まで)、映画評論家のSaibal Chatterjeeが出演。イルファーンのお人柄が偲ばれる秘話を聴くことが出来ました。

録画はStuteeのFacebook上で観れます。

Remembering Irrfan

Rj Stuteeさんの投稿 2020年5月6日水曜日

めぐり逢わせのお弁当の同時再生会@Twitter

ノリゾウనొరి AISHITEMASU さんの呼びかけで5/6に 

めぐり逢わせのお弁当」の同時再生会@Twitter

が開催されました。下記がその呼びかけです。

それぞれ手持ちのDVDや下記のような配信サービスを利用して

【めぐり逢わせのお弁当】の動画を無料フルで視聴できる方法と配信サービス紹介!

https://doga.hikakujoho.com/library/00004433.html

2020年5月5日の20時からそれぞれが一斉に再生を開始してTwitter上で

#WeLoveIrrfanForever

#Lunchbox

#IrrfanKhan

タグを入れて、ツッコミや感想を入れながら見るという鑑賞会です。

こちらは先日他界したイルファーン・カーン(Irrfan Khan)を偲んでのものではありましたが、

ナワーズディン・シッディ―キー(Nawazuddin Siddiqui)も出演しており、両方のファンであること、

私がこれまでの人生で見てきているインド映画に限らずすべての映画の中でトップ10に入る作品でもあり、このようなこれまでこのような皆で同時に再生を開始して、それぞれが再生の動画にコメントを入れるようなイベントは初めてだったので思い切って参加してみました。

こういう新しい試みにもどんどんチャレンジして世の中の変化にも乗っていく必要があると思いましたし、皆さんがどんな感想を持たれるのかも知りたかったからです。

こういうことを企画して、すぐに実行する実行力すばらしい!

ノリゾウనొరి AISHITEMASU さんにはお会いしたこともないし、それまで何の絡みもなかったけれど、一言ご挨拶して参加させていただいた。

ノリゾウనొరి AISHITEMASU さんは本来的にはテルグ語映画のファンの方のようですけれど、何語映画のファンとか関係なく、こうした素敵な企画を開いてくださったことに敬意と感謝の意を表したい。改めてありがとうございました!

イルファーン・カーンも日本でこうしたイベントがネット上で開かれたことを驚きつつも天国でよろこんでいることだろうと思う。

まあ、ちょっと失敗したのは、

#WeLoveIrrfanForever

#Lunchbox

の二つをハッシュタグを入れないといけないので、半分過ぎまで

#WeLoveIrrfanForever

のハッシュタグしか入れてなかった。途中で気が付いて二つのハッシュタグを入れてツイートした。

やはり、皆も同じ考えでしたが、この映画の中で一番心に残るセリフが

「人は時々間違えた電車でも正しい場所に着く”いい言葉」

かなと。名言、名セリフ

ナワーズディン・シッディ―キーが、通勤電車の中で野菜を切ってるシーン印象的。

Twitterのハッシュタグでの皆のツイートでも同じ

後は、ナワーズディン・シッディ―キー演じるShaikhが結婚式のシーンで着ているときと、サージャン役のイルファーン・カーンの参列の時のキメテルファッションが渋かっこよいっていうのも私も思ってたけど、皆Twitter上でもそうコメントしていた。

★以下は、ネタバレありなので、未見の人は読まないでください★

観た後で読んでください。

サージャン役のイルファーン・カーンが、イラに会いに行くしたくをしているときに、いわゆる自分に感じた加齢臭や席を電車の中で譲られたとかいうところから老いを感じてイラに会うのをためらうシーン

待ち合わせ場所でサージャンが、イラに会いに行かずに近くで見つめていて、イラはサージャンを探すシーン

すごく切ない。

そして、イラは結婚の証である、マンガルスートラを売って娘を連れてブーターンに移り住む資金とする

彼女が夫に見切りをつけようとしたのは、実夫が亡くなった時の実母の言葉が背中を押した一因でもあるね。

サージャンとイラは最後はすれ違い、会えない。

サージャンは戻ってきた。イラは本当にブータンに行ったのかはわからない。

余韻の残るラストシーン。あとは観た人の想像に任せる終わり方。

そこもいい。

The Lunchbok – Exchanged letters 手紙の交換シーンを一つにまとめた動画

実は日本で公開されたときのチラシやポスターは、イルファーン・カーンがこんな風に下になっていた。役者としての知名度はキャリアはあきらかにイラ役のNimrat Kaurより上だけど、、、。日本の配給会社の人は知ってか知らずかわからないけど。

 

インドやその他海外ではイルファーン・カーンの方が上のポスターやDVDのカバー写真だった


他のDVDやポスター写真も記録として貼っておきます。

imdbのLunch Boxの情報リンクも貼っておきます。

https://www.imdb.com/title/tt2350496/

イルファン・カーンは本当に素晴らしい、味のある演技の出来る俳優さんだったのに53歳で逝去とはもったいないことである。

イルファーン・カーンはOne and Onlyだけど

で同じような演技派のインドのボリウッドスターで、同じような流れで言うと

Nawazddin Sidiqquiやもう少し若いところで言うと、Ayushmann KhurranaやRajkummar Rao、Vicky Kaushalあたりが今後、さらなる活躍が期待される演技派の俳優として期待している。

イルファーンはインドやボリウッドの枠を超えてハリウッドでも活躍したというところはインドの枠を超えて活躍し、功績を残すということ絶対に必要と言うことを強調するわけでもないけれどなかなかこのようなボリウッド映画界と世界を橋渡しできるような同じような俳優は今後もインドからは稀かもしれない。そこのところもイルファーンがスペシャルなところだった。

これからのイルファーンのさらに円熟した演技が観たかった。

本当に残念。ご家族の方々にも哀悼の意を表したい。奥様も辛いだろうけど乗り越えて、2人の息子さんたちも立派に育ってほしい。

そして、

参考までに下記の動画も貼っておきます。

映画の中で電車のこどもたちが歌っていたのはアーミル・カーンとカリシュマー・カプール主演の Raja Hindustani からのpardesi pardesi jana nahi

映画の中でイラが聴きたがった「Saajan」の元歌は下記の歌

Sanjay DuttとMadhuri Dixit 主演のSaajanから

Mera Dil Bhi Kitna Pagal Hai (HD) | Madhuri Dixit | Sanjay Dutt | Saajan…

The Lunchbox I Husband’s Affair I Movie Scene I

https://wasuian.com/SHOP/80303.html?gclid=Cj0KCQjwhtT1BRCiARIsAGlY51JV6S0udt2wZ7CkEXCF_zt7ISIabFky45TXojaGY0MSN7xI8hrjRQEaAg2pEALw_wcB

The Lunchbox I Train mein Touching I Movie Scene I

Irrfan Khanのプライベートフォト

先日4月29日に他界したIrrfan Khanの息子たちが父親のPrivate PhotoをInstagramで公開して話題になっています。

まだ二人の息子さんとも若いので今後のこと心配でもありますが、インドだけでなく世界中か彼らの味方だし、見守っているので幸せと成功に満ちた人生を歩んでくれることを切に願っています。

https://mumbaimirror.indiatimes.com/entertainment/bollywood/irrfan-khans-sons-babil-and-ayaan-share-rare-photos-with-their-father/articleshow/75509301.cms

https://mumbaimirror.indiatimes.com/photos/entertainment/irrfan-khans-son-babil-and-ayaan-share-some-memorable-moments-of-the-legendary-actor/photostory/75554157.cms

下記はPinkvillaからの写真です。

https://www.pinkvilla.com/entertainment/news/irrfan-khan-passes-away-nostalgic-tribute-angrezi-medium-actor-rare-photos-his-personal-album-528516

右は奥様のようです。National School of Dramaで知り合って恋愛結婚だったそうです。

ボリウッドの未来を語るイルファーンのインタビューも貼っておきます。